アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

アメリカ、プリスクールの先生の名前の呼び方

日本の英会話スクールでは、先生の名前をファーストネーム(名前)で呼ぶことが多いと思います。

アメリカのプリスクールでは、先生の名前を基本的に敬称+苗字で呼びます。

 

英語が楽しく身につく、アルクの子供用英語教材

 

子どもの通う幼稚園でも Mrs. Johnson のように、敬称+苗字が多いのですが、

(Mrs.は/ mìsɪz / と発音、ミセスは和製英語)

 

Miss Elena、Mr. Michaelのように、敬称+ファーストネームとか、

Mrs. A. のように、敬称+イニシャルとか、

Miss Ava のように、既婚なのにMissなの?と、様々です。

 

一般的に「正しい」とされている敬称の使い方と違いますし、先生の呼び方に統一性がないので、プリの先生に聞いてみると、

「自分の好きなように決めれば良いのよ〜。」 との事でした。

アメリカらしい!

 

小学校に上がると、先生を敬称+苗字で呼びます。

先生も威厳のある感じになります。

 

アメリカ、プリスクールのバレンタイン

子どもの通うプリスクール(幼稚園)から

「クラスメイトにバレンタインデーのカードを渡したい人は、全員分を用意して、お友達の名前を書かないで先生に渡して下さい。」

と連絡がありました。

先生も、たくさんのカードの名前を確認しながら振り分けるのは大変です。

これは合理的。

 

1月下旬から本屋さんやスーパーにバレンタインのカードやグッズが並びます。

私も前回は小さめのカードに、小さなチョコレートとシールをつけて渡しました。

 

クラスメイトからもらったものは、こちら。

f:id:iammimi:20180124040002j:plain

【Asteria】Z会のオンライン学習

ドラゼミで学力アップ

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

 

既製のキャンディー付きカードや、タトゥーシールや、中には紙切れにメッセージを書いているツワモノも。

子どもと一緒に工作をしたものや、小さなぬいぐるみをつけたものもありました。

もちろん、何も用意していない子もいました。

プリスクールの先生にはカードとチョコレートなど、小さなプレゼントを渡す人も2人ほどいました。

 

f:id:iammimi:20180129040035j:plain

 上の子の通う公立小学校では、

「チョコレートやキャンディーなどの食べ物は一切禁止です。カードを渡したい子は全員分用意して下さい。」

との連絡がありました。こちらはカードに文房具をつけて渡そうかと思います。

 

子どもの通うプリスクールでは、クラスメイト全員に何かを渡す機会はバレンタインしかありませんでした。(クリスマスも卒園式も、何もありませんでした。)

ですので、バレンタインはちょっと凝ったものにしようかなぁと思っています。

 

アメリカ、公共図書館で絵本を借りる

子連れでアメリカにしばらく住んでいると、足しげく通うことになる図書館。

 

時々、アメリカに来たばかりの日本人ママ達から

「絵本ってどうやって借りるの?」と質問されます。

「登録したら借りられるよ。」と答えると、

「どうやって登録するの?」「何冊借りられる?」「いつまで?」「どの図書館でもそのカードで借りられるの?」「この図書館で借りた本を、他の図書館でも返せるの?」と・・・

英語で質問するの、ちょっと勇気要りますよね。

でも、図書館の職員さんは基本親切な方が多いので、質問もちゃんと答えてくれますよ!

f:id:iammimi:20171223005241j:plain

住む地域によって、登録の際に必要な物は違いますので、近所の図書館のホームページをチェックしてから行くと効率的です。

 

" I'd like to get a library card."(図書館カードがほしいんですが・・・)

うちの近所の図書館に限っては、名前、住所、電話番号とメールアドレスを申込用紙に記入しただけで、証明書の提示は不要でした。

(アメリカって、誰も嘘をつかないことが前提なんでしょうか?)

 1週間後に、自宅に図書カードが届いて終了です。

 

【Asteria】Z会のオンライン学習

ドラゼミで学力アップ

まなぶことがもっと好きになる【学研ゼミ】

 

借りる時は、" I'd like to check out, please."と言い、

返す時はカウンターで" I'd like to return them."と言うか、あれば、返却BOXに入れたりします。

 

私の住む地域では、借りられる本の冊数は無制限、期限は4週間(但しDVDやCDは1週間で延滞金あり)、そのカードで地区のどの図書館でも借りられ、返却はどの図書館でも可、でした。

 

日本同様、本のリクエストも出来ますし、"circulation"の表示がある雑誌も借りられます。図書館の外には返却BOXがあり、24時間返却可能です。

 

また、近所の公共図書館では、子ども向けの読み聞かせ会、子どもクラフト教室、レゴクラブ、外国人向けの英会話レッスン、ヨガレッスンなど様々な無料の催し物もあります。

おもちゃの貸し出し(但し図書館内のみ)もあり、子持ちにはアメリカの公共図書館は利用価値大なのです。

 

f:id:iammimi:20171223005356j:plain

 

「アメリカのキンダー、小学校低学年で一番大事なのはReadingよ!」と勉強熱心なママに教えてもらいました。

私は週1回、絵本を10冊ほど借りて、子ども達のリーディング力伸ばすために頑張っています。上の子は最近コミックも読んでいます。

クラスメイトの中にはWonderを読んでいる子も多いです。 大人が読んでも、子どもの学校生活が良く分かりとても良い本です。まさに生きている英語ですし。

 

小学校の先生から、「本はただ読むだけでなく、親が絵本の内容を子どもに質問するように。彼女がちゃんと理解しているか確認して下さい。」とReading Comprehensionの指導が入っています。

アメリカならではの指摘。先生、教えて下さってありがとうございます!!

 

アメリカ、プリスクールの先生へのクリスマスプレゼント

クリスマスの先生へのプレゼント、今年もターゲットの$15のギフトカードにしました。

 

子どもたちの先生は、プリスクールと習い事の先生、計10名。意外な出費です。

先生の中には、プリスクールがお休みになると、お給料が出ない人もいるそうで、 それならやはりギフトカードが喜ばれるはず。

 

f:id:iammimi:20171213235419j:plain

アメリカで人気のギフトカードは、

Target Gift Card

Walmart Gift Card

Visa gift card

CVS Gift Card

Starbucks Gift Card

Amazon Gift Card でしょうか。

既に$15や$25のギフトカードとして販売しているものもありますし、 レジで○○ドル入れて下さい、とお願いするカードもあります。

 

【Asteria】Z会のオンライン学習

ドラゼミで学力アップ

まなぶことがもっと好きになる【学研ゼミ】

 

f:id:iammimi:20171214000005j:plain

クラスメイトへのプレゼントは、仲の良い子だけにあげました。

中にはクラスメイト全員分の クリスマス用Goody Bagsを用意する子や、一方で、先生にもクラスメイトにも何もあげない子もいました。

本人の自由です。

(バレンタインではクラスメイト全員にカードなどを渡しますし。)

 

上の子の通う小学校では、「先生にギフトは不要です。」と連絡が来たので、カードのみ渡す予定です。

スクールバスのドライバーさんには、カードと10ドルのギフトカードにしました。

Happy Holidays!!

 

アメリカ、プリスクールの子育て英語

アメリカのプリスクールに暫く通ってみて、これは!という子育て英語をリストアップしてみました。

知っている 英単語が増えれば、コミュニケーションも楽になると思います。

 

boo boo イタイイタイ(幼児語) ママ友が子どもによく使います。

carpool 相乗り 幼稚園で遠足に行くときにcarpool してくれる人いる?と先生に聞かれました。

car seat チャイルドシート

chaperone シャペロン。Field Trip (遠足)に付き添う保護者。

chore お手伝い conference(個人面談)で、先生から子どものお手伝いの内容を聞かれました。

criss cross あぐらの座り方。先生はcriss-cross applesauceと言っていました。ちゃんと座って欲しいときはSit on your bottm!言います。

cubby 荷物を入れる子どものロッカー、戸棚

ESL English as a Second Language 英語が第2言語の、外国人向けの英語クラス。

Excuse us.すみません、通ります。子どもと一緒なのでus。

Be gentle. 「お友だちに優しく。」とママ友が子どもに話しかけていました。

grocery shopping 食料品の買い物

Hold on! 「ちょっと待って!」この言い方が多いと思います。

honey/buddy /sweety 大人が子どもを呼び掛ける時に使います。buddyは男の子、sweetyは女の子に。他にも色々あります。

I got it. 「私がやります。」「分かった。」(カジュアル) 色々な意味があります。

I have some errands to run today. 今日は用事があります。

I'm good, thanks. "Hi, how are you?"の返事で多いのはこれ。勿論相手にも聞き返します。お上品な方は"Whats up?"と聞きません。

parking lot 駐車場。初めて聞いた時"lot?"と思いました。

pee pee おしっこ(幼児語) #1、ナンバーワンとも言います。pooは#2。

pick up and drop off 送り迎え

phonics フォニックス。英語の読み方をキンダーで習います。日本では松香が有名ですが、うちの子はイギリスのLetterlandが好きです。

play date 遊びの約束

playground 遊具のある公園

potty トイレ(幼児語) 

stay at home mom  専業主婦 欧米では、専業主婦はあまり良い印象ではありません。

See you later! またね!その日に再び会う予定がなくとも、"later"。

siblings 兄弟/姉妹

Sure! "Thank you."の返しで多いのはコレ。"No probrem. ""Your welcome."も。

text 携帯のショートメール。ママたちとの連絡はこれ。

They look like twins 兄弟/姉妹で似ている 「双子じゃないんですよ~!」と返したら、苦笑いされました。

What is it? "What's this?"としか聞かない私に、子どもがこう切り返してきました。(意味は多少違います。)

Pledge of Allegiance (忠誠の誓い)子どもがプリスクールで暗記してきました。

"I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all. "

 

f:id:iammimi:20170926035259j:plain 

【初月無料】学研ゼミがいよいよグランドオープン!

 

プリスクールで子どもが困らないように、potty (rest room)、Water, please.は言えると良いかと思います。 また、プリスクールで出るスナックは量が多かったり、口に合わないものもあるので、その時はNo, thank you.と言って残しても良いです。

教室内は暑い時があり(特に冬)、子どもは薄着が良いか、同じクラスの子の服装と比べてみて下さい。

初めてのアメリカの幼稚園生活、ママは不安で孤独かもしれませんが、アメリカで育児なんて、人生で一番輝いている時ではないかと思います!!

 

アメリカ、初めてのバースディパーティへ参加

アメリカに来てすぐ、子どもがバースディパーティーに呼ばれました。

 

まずは招待状。メールで招待状が届きました。オンラインで出欠の連絡をします。

招待は「クラス全員でないとダメ」という学校もあるそうですが、子どもの通うプリスクールは決まりがありません。

呼ばれた子ども達をチェックすると、彼女の好きな子だけを招待している様子。親同士そんなに仲良くなくても、大人の都合はお構いなしです。素晴らしい!

 

そして、プレゼントの用意。おもちゃを予算20ドル前後で探しました。

f:id:iammimi:20170822103907j:plain

 アメリカのプレゼントはバッグにティシューをつめて渡すそうですが、やり方もよく分からないので、日本の様にラッピングペーパーで包んだものを用意。(アメリカ人は包み方とか、そんな小さい事気にしないだろうし・・・)

バースディカードには、返品のためのギフトレシートも忘れずに添付しました。

f:id:iammimi:20170822100622j:plain

 

会場はおうちだったのですが、家の前にある目印のバルーンがありませんでした。(やらなくてもいいのですね。)

 皆さん子どもだけ置いて親は帰っていきました。子どもたちも4歳とか5歳なのに、1人で参加するなんて感心です。私も帰ろうとしたのですが、子どもが泣くので急遽パーティーに参加することとなりました。

 

コスチュームを着てきても良いとのことで、娘はドレスを着ていったのですが、主役の子はまさかの普通のワンピース。お友達も半分ほどドレスで、全くの普段着の子もいました。

 

観察してみると、大人の人数は、子どもの倍の約30名。しかも、招待された子どもの親ではなく、親の友人たち。誰のお誕生会なんだろう・・・

大人はダイニングキッチンに集まってワイワイしていますが、子ども達はまとめ役のお姉さんに任されて、ほぼ、ほったらかしです。(そのうちお姉さんの姿もなくなる)

 

夕方の5時からという時間帯だったので、夕食が用意されているだろうと思ったのですが、ケータリングのお料理は子どものメニューがあるわけでもなく、しかも子どもが「食べたい」と言わなければもらえない環境でした。

娘は何も食べずに参加したので、私がいて良かったな、と思いました。

ケーキは子どもの分もちゃんと用意してもらえました。

 

【初月無料】学研ゼミがいよいよグランドオープン!

 

娘は私の姿が見えないと泣きましたが(5回くらい!)、それでも、光るおもちゃのネックレスをもらったり、ビーズのブレスレットを作ったり、パパDJのかける曲でダンスをしたりと、とても楽しかったそうです。

私は知り合いが誰もいませんでしたが、近くにいる人とお話をしたり、子ども達とおしゃべりをして、良い思い出となりました。結局、8時くらいまでいました。

 

最後にもらえるはずのGoody Bagは無く・・・

数日後、郵送でサンキューレターが届きました。Shutterflyで作ったアーティスティックなカードでした。

フルタイムで仕事をしているお忙しいママなので、無駄と感じること、手抜き出来るところは全て省略していました。私的には、型にはまらない所が素晴らしいと感じました。

 

私は、こんな素敵なパーティを開催する自信もないので、娘たちには申し訳ないと思いつつもお誕生日は家族だけでお祝いをしています。

他の日本人ママたちにも聞いてみたら、「うちも家族だけで・・・」とのことでした。

(なんか安心。)

 

アメリカ、子育てママのカルチャーショック

アメリカでしばらく暮らしてみて、え~!と思ったことをまとめてみました。 

f:id:iammimi:20170613000729j:plain

ランチは適当

ピザ一切れとバナナとか、クラッカーにチーズだけとか、リンゴにシナモンをかけたものだけとか、子どもに適当なものを食べさせているママをよく見かけます。スナックをたくさん食べるのでお腹がすかないらしい・・・。

おかげで私も、お昼は適当な物をカバンにつめてピクニックをすることが多くなりました。「毎日料理するなんて素晴らしいママね!」と言われます。

 

子どもは野菜を食べない

「うちの子、野菜食べないのよね、でもフルーツを食べるからオッケーでしょ?」というママ達。 「食育」が浸透している日本では、親は「ちゃんと野菜を食べなさい!」と子どもに言いますが、アメリカにいると「野菜って食べなくても大丈夫かも?」と錯覚してしまいます。

 

人の話を遮るのはマナー違反

人が話しているときは、その方たちが話終わるまで静かに待ちます。このマナーを知らない日本の子ども達は、遮る子が多めです。

 

親は子どもを大声で叱らない

大声で叱る、軽くでも子どもを叩くと虐待を疑われ通報されます。子どもを守るためです。子どもには諭すように低い声で叱ります。公共の場では、子どもは静かにさせます。

 

子どもが嫌がるなら強制しない

親は子どもの意見を尊重します。おじいちゃんと手を繋ぎたくない、お友達が貸してくれるおもちゃは今は使いたくない、おばあちゃんの作った料理を食べたくないなど・・・日本ですと、相手のメンツを考えて嫌がる子どもに強制させてしまいがちですが、アメリカでは子どもが嫌がれば無理をさせません。

 

目が合ったら微笑む

視線が合ったら、知らない人にもニッコリ微笑んだり、"Hi."と挨拶します。自分は不審者ではないことを相手に示します。 逆に向こうが自分に話しかけたい時は、こちらが気づくまで見つめている人もいます。目を合わせずに挨拶すると、相手は自分に気付かず無視されることもあります。

 

メールは短く

プリスクールのメール、問合せのメールなど、用件しか書いていないことが多いです。自分が長い文章でメールを送ると、最後の方は読んでもらえないこともあります。プリの遠足も、キンダーのオリエンテーションも「○月○日○時 ○○集合」とか、そんな感じです。ママ友曰く、「分からないなら電話して聞いたら?」だそうです。(英語が出来るならそうしたい・・・!)

 

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

 

車は譲り合う

「お先にどうぞ」精神が高く、横断歩道も歩行者がいれば止まります。アメリカって素晴らしい!と実感します。運転手も歩行者も手で「ありがとう」を示します。

 

子どもに優しい

子連れのママは、道行く人に「あなたの子どもってとてもビューティフルね!」と言われる率が高くなります。(特におばあちゃんたちに)強面のおじさんも、子どもに手を振ってくれます。

 

洋服を褒める

子どももママも、ワンピースやドレスを着たり、キラキラの靴を履いていたりすると「その服素敵ね~!」と声を掛けられます。お洋服を褒めるのもマナーだそうです。

 

ママのストレスはジムで発散

暇さえあればスポーツジムに通うママが多いです。ジムに託児所が併設されている所も多く、子連れでも気軽に行けるのもポイントです。ただ、歩いて5分の所にでも車で行きます。矛盾しています。

 

困っていたら助けてくれる

ベビーカーで段差に引っかかった、荷物が多すぎて子どもの手をつなぎづらい、子どもが重すぎてスーパーのカートに乗せられない・・・など、すぐに「手伝う?」と声をかけてもらえます。運転中、大きなトラックが立ち往生していると、交通整理を始めるおじさんもいます。ちょっとした親切が嬉しいです。

 

アメリカで暮らすと色々な人に出会いますが、特に子連れや妊婦に対して親切な人が多く、総じて「暮らしやすい」です。

中には感じの悪い人もいますが、そういう人は、家族、会社の人間関係が上手くいっていないとか、心の病気?など自分には関係ないことなので、「次は良いことがある!」と思うようにしています。(もしくは自分の英語が丁寧でないとか。)

 

食べ物に関してはハズレが多いので、子どもと美味しいものを見つけるのも楽しみの一つです。「PB&J、イエローライス、美味しい。カンブチャ、チアシード、まずい!」「辛いソースのかかった寿司は微妙。」「フランス人の経営するベーカーリーは何でも美味しい!」など、期限付きのアメリカ生活、楽しんでいます。