読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

アメリカ、新生活立ち上げ買い物リスト

アメリカの生活

新生活 日用品買い物リスト

《寝具》

・シーツ類(シングルはTwin、ダブルはQueenです)
・掛け布団、フリース毛布など
・ベッドがない場合は、とりあえずエアーベッド(100ドル前後)や、マットレスだけを買う等・・・

 

《バスルーム》
・シャワーカーテン
・シャワーカーテンのレールにかけるフック
・シャンプー、トリートメント(値段=質なので、高めがお勧め)
・ボディソープ
・バスルーム掃除用スポンジ
・バスルーム用洗剤
・トイレットペーパー
・トイレ掃除のセット(Clorox Toilet Wandは使い捨てトイレブラシで便利です※流せません)
・除菌シート(Clorox、Lysolなど)
・ハンドソープ

f:id:iammimi:20170420230313j:plain

《キッチン》

・包丁
・まな板
・お皿
・コップ
・スプーン、コップ、ナイフ
・フライパン
・鍋
・フライ返し、おたま
・食器用洗剤
・食器を洗うスポンジ
・(あれば)食器を置く水切りかご
・キッチンペーパー
・食洗機の洗剤
・ゴミ袋(指定のゴミ袋はありません。何でもOKです。)
・ラップ、ホイル

 

《洗濯》
・洗濯用洗剤(日本でも人気のジェルボールもあります)
・(あれば)洗濯物を入れるかご

 f:id:iammimi:20170420231058j:plain

《その他》
・食料とお水
・塩、醤油、油などの調味料
・ティッシュ
・フェイスタオル、バスタオル
・歯ブラシ、歯みがき粉
・フロアのお掃除モップセット(Swiffer Sweeperは日本でいうウエットタイプのクイックルワイパーで便利です。)
・照明と電球
・大きめのドライバー(家具の組み立て)

f:id:iammimi:20170420230348j:plain

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

 

1.到着後、すぐに食料を買えない場合もあります。スーツケースの中にペットボトル、海外仕様の電気ケトル、カップ麺などの食料を入れておくと安心です。
子連れの場合、日本の空港でおにぎりを買っておいたり、アメリカ到着後の空港で食べ物を買っておくと安心です。(子どもはお腹がすいたらアウトです)
 
2.数年の赴任で、家具にこだわりなければ、IKEAの家具が一番安上がりです。
 
3.我が家はアパート住まいです。冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、乾燥機、食器洗浄機が備え付でした。追加で購入した家電は、炊飯器、照明、ドライヤー、テレビ、掃除機、扇風機、トースターです。
 
4.海外赴任になると夫が先に来て、セットアップをする家族が殆どですが、私たちはセットアップ無しでアメリカに来ました。でも、先に旦那に来てもらえば良かったです。奥様の有り難みがきっと分かるはず。(それとも逆に快適?) 海外赴任の4分の1は、夫だけの単身赴任になるそうです。

 

お気に入りの曲を聞くと元気がでます。

Train - Play That Song

アメリカ、いくつからお勉強を始めます?

アメリカで子育て

日本の幼稚園では、小学校受験組のママ達が年少の秋ごろからソワソワし始め、年中から入る塾の話で盛り上がります。

上の4歳の子は、日本のお勉強系の幼稚園でしたので、年少でひらがな、アルファベットの大文字・小文字、フォニックスをやりました。読めて書けます。その後、年中でカタカナ、簡単な足し算、引き算、一年生の漢字もやりました。

 

アメリカに来ると、周りでそんな話題など全くなく、毎日ぽかーんと過ごす日々。

日本で仲の良かったママ友からLineで「XXちゃんのママ、最近ちょっと雰囲気怖くて話しかけづらい。お受験に力入れているからね。」なんて聞かされると、うちの子たちはこんなんで大丈夫かな、なんて思うのです。

 

プリスクールの先生に「おうちでアルファベットを教えようと思うのですが、アメリカ人の子ども達は何歳から始めますか。」と聞いたところ、

「人にもよるけど、3歳くらいかな。」と教えてくれました。

「最初は、自分の名前の文字を認識すること。名前を見える所に貼ったりとか。」

 

早速ポスターをネットで探して貼ってみましたが、無料素材はどうも貧乏くさくて、先生の教材が売っているお店でアルファベットや色、動物、食べ物などのポスターを買ってきました。

2歳の下の子、全く興味を示しません。

 

小さい子にアプリやPCゲームをさせるのもいかがなものかと思い、本屋さんでドリルを探してみました。

・・・アメリカには2歳の子どものドリルなんてありません。pre-k(4歳くらい?)からあるので試しにやらせてみたと、最初の方はすらすら~とできました。最後のページになると「むちゅかしい!」と言ってぐちゃぐちゃにしました。

日本でドリルをたくさん買ってこれば良かった・・・(ダイソーで!!)

 

本屋さんのドリルはちょっとお高め(と言っても、6ドルくらい)なので、最近はダラーショップや、ドラッグストアの安いものを買い与えています。

私は「やりたいならやる、やりたくないならやらなくて良い」というスタンスです。子どもは基本楽しくないとやりません。

 

ネットでも無料のプリントをダウンロード出来るサイトがありますので、よく利用するサイトを紹介します。

"worksheets"( プリント)、"kids"(子ども)、"preschool"(幼稚園)、"coloring"(ぬり絵)、"Free"(無料)で検索するとたくさん見つかります。

 

 ↓ 学研のサイト。2歳からおためしプリントがあります。

 

 ↓ 英語の名前を練習するのに便利です。ぬり絵も質が良いです。

 

 ↓ スカラスティックのサイト、クリフォードなど。0歳から2歳のプリント

 

 ↓ イラストはイマイチだけど、種類が豊富です。

 

 ↓ 簡単なプリントもあり、幼児でも使いやすいです。

 

 

アメリカ、子どものプリスクールでの過ごし方

アメリカで子育て

我が家の子ども達は、近所の小さなプリスクールに通っています。月謝は2人で月8万円くらいです。

 

子ども達の通うプリはドライブスルーなので、子どもの園での様子を見る機会がありません。 特に、初めて幼稚園に入れるママは心配事がいっぱいだと思います。(しかもアメリカで!)

私はヘルプでクラスに入ることもあります。半日保育ですが、子どものプリスクールの一日をお伝えしたいと思います。

 

登園時間:開始からだいたい10分くらいまでに登園。リュック(backpack)をカビー(cubby)と言われる戸棚に入れたり、ジャケットをかけたりします。幼稚園は土足です。

 

教室の中で自由遊び:お人形ごっこ、ミニカー、パズル、お絵かき、レゴなどで好き好きに遊びます。小さい子どもは先生と遊び、年少さん以上は子ども達だけで遊び、先生は見守る感じになります。

 

工作:毎日、もしくは2日に1回工作をします。皆で一斉に工作をするのではなく、自由遊びの時間に1人ずつ名前を呼ばれて先生とマンツーマンで作業をします。先生が予めある程度作っているので、見栄えの良い作品が多いです。

 

プリント:4歳児クラス(年中)ではプリントをすることもあります。こちらの園はお勉強系ではないので、アルファベットの大文字を一文字ずつやっています。日本では2・3歳児クラスでやっていたことです。

園の方針は、プリは遊びやアート、お勉強はキンダー(小学校付属の年長)で、という考え方です。お勉強が心配な場合は、パパやママがおうちで子どものお勉強を見ます。

 

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

 

スナックタイム:保護者から提供されたおやつを食べます。家庭の教育方針、アレルギーの有無で、スナックや、お水を持参する子もいます。カップケーキにクッキーなど、手作りのものを提供するママもいます。こちらの園では、基本的に飲み物はジュースです。

 

外遊び:15分ほど園庭で遊びます。子ども達だけで好き好きに遊ばせて、先生は見守ります。

お友達にいじわるをした等、タイムアウト(Time Out)した子は、罰として先生の横で座らされている子どももいました。

f:id:iammimi:20170409040239j:plain

サークルタイム(Circle Time):先生が椅子に座り、子ども達はアメリカ式座り方(あぐらのような)で先生のお話を聞きます。日付、曜日、天気から始まり、季節のお話、今日の適した服装、イベントのお話、絵本、歌、詩の朗読などを行います。

 

終わりの時間:自分でジャケットを着て、Goodbye Songを歌って終了です。

 

(サークルタイムのイメージ)

 

日本人に限らず、英語が話せない外国人の子どもは1人遊びをすることが多くなります。先生は子どもが1人遊びをしていても「本人がそうしたくてしている」と思い、子どもの意思を尊重します。寂しくなって本人が泣いたりしない限り、日本の幼稚園の様に察してもらうことは難しいと思います。

 

日本同様、3歳くらいになると女の子はグループで遊び始めます。お友達関係が心配な時は、クラスの気の合いそうなママに声をかけてプレイデート(play date)と呼ばれる遊びの約束をするのが一番良い解決方法です。その他、プレイグラウンド(小さな公園)で遊び仲間を見つける、習い事をする、など子どもに合った方法を見つけます。

 

子どもが「プリスクールに行きたくない」というのが続く時は、担任の先生に相談をします。殆どの場合、きちんと対応してもらえます。

 

アメリカのプリスクールは、日本の様にずっと通う子もいますが、1年未満で他のプリやデイケアに転園する子も多いです。合わない場合は我慢せずに、子どもに合うプリを見つけてあげる方が良い場合もあります。

 

アメリカ、アトピーのクリーム、ヒルドイドの代用

アメリカで子育て

うちの子はアトピーです。

日本から持参した保湿剤、ヒルドイドがついになくなりました・・・

アメリカで小児科の先生に聞いたところ、「CeraVe」がおすすめ、でも「eucerin」でもいいよ、と教えてもらいました。

15ドル前後で、ドラッグストアで入手可能です。

f:id:iammimi:20170223002610j:plain

f:id:iammimi:20170223002729j:plain

問題は、種類が多くて、何が良いのか分からない。

f:id:iammimi:20170223002910j:plain

日本のアレルギー科にかかっていた時は、ヒルドイド、ビーソフテンも、季節に合わせて、夏は軽め、冬はしっとり系のクリームを出してもらっていました。なので、そんな感じで選んでいます。

現在住んでいる所は、冬の部屋の湿度20%台と乾燥しています。でも、このCeraVeのクリームで今のところ大丈夫です。

 

アメリカでは常識ですが、汗をかいた時以外、子どもは毎日お風呂に入らないそうです。水が硬水ですし、乾燥で子どもの肌はボロボロになってしまいます。

ですので、乾燥の激しい季節、毎日赤ちゃんや幼児をボディソープで洗うのはNGだそうです。気になる時はお湯洗いをします。アトピーにならないように、保湿をしっかりします。

 

アメリカ、プリスクールのスナック当番

アメリカで子育て

プリスクールにはスナックリストと呼ばれるリストが配られ、スナック当番になるとおやつをクラスの人数分用意しなければなりません。

 

通っているプリスクールで言われた注意事項は

・ピーナッツはNG

ヘルシーなもの(チョコレートはNG)

 

子どもに「今日のスナックは何だった?」と聞いても「甘いおやつ」「あんまり美味しくないおやつ」とか言うだけで・・・

皆さん何を持ってきているのか分かりませんが、うちのプリでは「フルーツ」や「グミ」は出ていない様です。

 

ドリンクは基本的に100%のアップルジュース

f:id:iammimi:20170217052601j:plain

プリスクールのスナックの定番は、

ゴールドフィッシュ

プレッツェル

チーズ

チーズイット

グラハムクラッカー など・・・

お誕生日の子は、カップケーキを親が任意で持参します。

(どのスーパーにも小さなカップケーキが置いてあります)

f:id:iammimi:20170217010131j:plain

 

DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

 

今回私が用意したスナック。

ホールフーズで買ったものなら良さそうな気がするので・・・

f:id:iammimi:20170217005737j:plain

 

クラスには、ジュースではなく毎回お水をリクエストする子や(親の意向でしょうか)、おやつを持参する子もいます。

 

同じクラスのママにスナック当番の日は何を持ってくるの?と聞いたら、

「子どもの好きなスナックにするよ!!」と言っていました。

流石!

その発想、私にはありませんでした・・・

 

アメリカ、アパートのバスルームはカビだらけ

アメリカの生活

現在住んでいるアパートはまあまあ古い建物です。

 

入居日初日はアパートの管理人さんと一緒にお部屋を見ました。

窓からすがすがしい風がお部屋に入り、壁は全てペンキできれいに塗られていました。

 

翌日、バスルームが何か臭う・・・

よく見ると、蛇口の後ろ、トイレのタンクの後ろ、バスタブの石鹸置き場の奥が全てカビで真っ黒でした。

見える所はペンキでまっ白で塗られていて、見えないところはカビだらけ。壁をよく見てみると、カビの上からまっ白なペンキが塗られていました。恐るべし!

 

翌日、スーパーで除菌シートを購入し、いろいろ拭きまくりました。

f:id:iammimi:20170113063430j:plain

 

黒カビ多発地帯にはカビも退治できるシートで拭きました。

f:id:iammimi:20170113063511j:plain

(素手でやっていたら、こちらのカビ退治除菌シートの成分は強いので手袋をするようにと夫に注意されました。)

 

赤カビはキッチン用のブリーチで白くし

f:id:iammimi:20170113063731j:plain

 

タイルとタイルの隙間の白い部分(目字)も白くし(これはアマゾンで購入)

f:id:iammimi:20170113064438j:plain

 

青サビだらけの固定式シャワーヘッドを、自分で購入した20ドルくらいの可動式のものに変え、(これはメンテナンスのおじさんに変えてもらいました)

 

なんとか子どもを安心して入れられるバスルームになりました。

 

管理人さんは入居時に「カビが壁に生えたら自分たちで直さないで、連絡してください。バスルームの窓は少し開けておいて。」と念を押していました。

いつも窓を開けておいたにもかかわらず、しばらくするとカビがトイレの窓周辺の壁に生えてました。

 

その都度除菌シートで拭いていましたが、窓周辺のカビの原因はどうやら「雨漏り」だったようです。

 

 

アメリカ、プリスクール(幼稚園)、初めてのオリエンテーション

アメリカで子育て

アメリカに来て、初めてのプリスクール(幼稚園)のオリエンテーション。

ネットで口コミを探してみたものの、詳細がつかめず心配でした。

 

オリエンテーションは保護者のみ、イブニング(7時)とメールがありました。ベビーシッターもいないので、当日は子どもたちの面倒をみてもらうため、旦那に早く帰宅してもらい、一人で出かけました。

 

10分前に説明会の会場に着くと、私は3番目。皆さん集合時間少し前か、ぴったりに来ました。

私みたいに一人参加なんて少数派だろうと思ったのですが・・・夫婦で来ている人達は3割くらいで、ママだけの人が殆どでした。逆にパパだけ、も数人いました。

 

オリエンテーションでは幼稚園の概要、延長保育、遠足など一通り説明があり、その後、各教室で担任から説明がありました。皆さん顔見知りか、たまたま居合わせた人たちかは分かりませんが、話し込んでいました。私は担任の先生に質問をして、さっと帰宅。オリエンテーションの所要時間は1時間でした。

 

余談ですが、キンダーのオリエンテーションに参加したママが「皆の前で、自己紹介と子どもの将来像について一言言う場面があったよ。」と言っていました。念のため練習してから行きましたが、プリで自己紹介はありませんでした。

 

プリスクール初日は保護者参加の短縮保育でした。子どもたちが好きずきにお人形ごっこ、工作、お絵かき、ブロック、レゴなどをして、親は自由遊びの時間を見守りました。

 

f:id:iammimi:20170115152959j:plain

DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

 

ママ友関係はドライと聞いていましたが、同じクラスでも、仲良くないと挨拶もしないのには未だ慣れません。(日本でも若いママ達の中には「知らない人には挨拶するな。」と教育を受けて人もいると聞いたことがありますが・・・)

ただ、私同様に外国人ママもたくさんいらっしゃるので、そういったママとは比較的仲良くなりやすいです。

 

初めは辛い事もありましたが、半年ほど経ち慣れてくると、日本の平凡な毎日に比べてアメリカの生活は何もかも新鮮で充実していていいな、と思えるようになりました。