アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

日本から国際郵便で荷物を送りました。

日本から荷物を送る時、郵便局を利用しました。

 

日通と迷いました。日通は箱の大きさ、受け取りのスムーズさが魅力ですが、船便10箱で10万円くらい、郵便局と比べて割高。

一方、郵便局は集荷(自宅まで荷物を取りに来てくれる)サービスがあるので、送り出しは楽でした。受け取りは・・・アメリカの郵便局って超テキトー。

 

送る時に、郵便局で大量に国際小包のラベル(送り状)と、国際書留郵便ラベルをもらい・・・

f:id:iammimi:20160819161417g:plain

送るものの欄に、「PERSONAL USE」と大きめに書き込み、clothes (shirt, dress,

pants, jacket)とかKids toys(books, origami, soft toys)と書きこみます。clothes、toysだけじゃダメだそうです。

トータル30箱ほど送りましたので、詳細は覚えていません。内容品も個数もアバウトで記入しました。

 

内容の金額は3000円とか低く書いておきました。保険付きはかなり高額な物を送る時だけでいいそうです。

 

郵便局で直接持ち込んだ時には「本何冊とか、ぬいぐるみ何個とか、鉛筆何本とか、正確に書きこんで下さい」と細かく言われてびっくり。

集荷の方はラベルを正確に書いて下さい、という感じで、中身の事はとやかく言われませんでした。

 

電池だけは種類によって危ないことを後から知りました。お肉もダメみたいでしたが、マーボー豆腐の素も送り、無事到着しています。

 

料金は10キロで、航空便17,650円、SAL便12,550円、船便6,750円です。

コンタクトレンズとかは航空便で、食品とすぐ着る洋服と本はサル便で(ただし書籍は国際書留郵便で)その他は船便にしました。

※後日、コンタクトレンズのみを航空便で送ってもらったのですが、返送されてしまいました。

 

本は船便だとしけりそうなイメージなので・・・国際書留郵便を利用。(集荷サービスは基本的に不可)

f:id:iammimi:20160819170730j:plain

5キロまでですが、SAL便印刷物扱いで5,460円です。ちなみにSAL便で普通に送ると7,300円です。(カナダは2kgまで)

内容品はbooksです。本だけ送る時は、段ボールにガムテープでふたをしても良いみたいです。

 

通常で送ると紛失したらそのままになりますが、国際書留郵便にすると一応トラッキング・ナンバー(番号)がつきます。プラス410円です。

郵便局の人「こんな送り方もあるのねー。」と言っていました。私、素人です。

 

郵便局のHPで、国際小包の送り状の配送サービスを利用しましたが、内容品の登録が面倒で、手書きの方が早かったです。

 

安く送ろうと思い試行錯誤しましたが、最後の方にはあれも、これも!となり結局20万くらいかかってしまいました。

友人は会社持ちで段ボール100箱送ったそうで、それに比べたら私まだ頑張った方なんだと思います。

 

最後、アメリカでの荷物の受け取りですが、担当のおばちゃんが段ボールを運ぶのが面倒くさいのか、ピンポンしてドアを開ける前に不在届を入れていってしまったり、ピンポンせずに不在届を入れてきます。

まあ、荷物届きました、とお知らせしてくれるだけで良しとしております。

 

郵便局の料金表など↓

www.post.japanpost.jp

 

旺文社えいごであそぼプラネット!