読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

アメリカ、いくつからお勉強を始めます?

アメリカで子育て

日本の幼稚園では、小学校受験組のママ達が年少の秋ごろからソワソワし始め、年中から入る塾の話で盛り上がります。

上の4歳の子は、日本のお勉強系の幼稚園でしたので、年少でひらがな、アルファベットの大文字・小文字、フォニックスをやりました。読めて書けます。その後、年中でカタカナ、簡単な足し算、引き算、一年生の漢字もやりました。

 

アメリカに来ると、周りでそんな話題など全くなく、毎日ぽかーんと過ごす日々。

日本で仲の良かったママ友からLineで「XXちゃんのママ、最近ちょっと雰囲気怖くて話しかけづらい。お受験に力入れているからね。」なんて聞かされると、うちの子たちはこんなんで大丈夫かな、なんて思うのです。

 

プリスクールの先生に「おうちでアルファベットを教えようと思うのですが、アメリカ人の子ども達は何歳から始めますか。」と聞いたところ、

「人にもよるけど、3歳くらいかな。」と教えてくれました。

「最初は、自分の名前の文字を認識すること。名前を見える所に貼ったりとか。」

 

早速ポスターをネットで探して貼ってみましたが、無料素材はどうも貧乏くさくて、先生の教材が売っているお店でアルファベットや色、動物、食べ物などのポスターを買ってきました。

2歳の下の子、全く興味を示しません。

 

小さい子にアプリやPCゲームをさせるのもいかがなものかと思い、本屋さんでドリルを探してみました。

・・・アメリカには2歳の子どものドリルなんてありません。pre-k(4歳くらい?)からあるので試しにやらせてみたと、最初の方はすらすら~とできました。最後のページになると「むちゅかしい!」と言ってぐちゃぐちゃにしました。

日本でドリルをたくさん買ってこれば良かった・・・(ダイソーで!!)

 

本屋さんのドリルはちょっとお高め(と言っても、6ドルくらい)なので、最近はダラーショップや、ドラッグストアの安いものを買い与えています。

私は「やりたいならやる、やりたくないならやらなくて良い」というスタンスです。子どもは基本楽しくないとやりません。

 

ネットでも無料のプリントをダウンロード出来るサイトがありますので、よく利用するサイトを紹介します。

"worksheets"( プリント)、"kids"(子ども)、"preschool"(幼稚園)、"coloring"(ぬり絵)、"Free"(無料)で検索するとたくさん見つかります。

 

 ↓ 学研のサイト。2歳からおためしプリントがあります。

 

 ↓ 英語の名前を練習するのに便利です。ぬり絵も質が良いです。

 

 ↓ スカラスティックのサイト、クリフォードなど。0歳から2歳のプリント

 

 ↓ イラストはイマイチだけど、種類が豊富です。

 

 ↓ 簡単なプリントもあり、幼児でも使いやすいです。