アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

アメリカで小学生、ヘルシーなスナックとは

うちの子どもは近所の公立小学校に通っています。

学校からもらったお知らせに「Healthyなスナックを持たせて下さい。」と書いてあり、ハイハイ、チョコレートとかがダメなんでしょ?とスーパーに売っている小分けにされたグラハムクラッカーを持たせました。

 

翌日「クッキーやキャンディーもダメです。チップスもダメです。」と追加のお知らせがフォルダーに入っていました。健康志向の高い担任の先生ですが、じゃあ何を一体持たせよう?

 

「ジェームス(隣の席の子)は今日クッキーを持ってきてたよ、でも先生に言われるから隠れて食べてた。」

・・・スナック隠れて食べるなんてかわいそうじゃない?

「ジェームス昨日は赤いひもみたいなスナックだったよ。」

 

 

 

・・・Twizzlers? あれはCandyだよ。ママ、お知らせスルーしているね。

「PBJ(ピーナッツバター&ジェリーサンドイッチ)の子もいたよ。」

・・・それスナック?ランチの分をとり分けたのね。母的には良いアイデアだけど。 

 

最終的に、担任の先生は「No Sugar」と通告してきました。

うちの子、毎日Rice Crackersを持っていっています。日本にもあるような、薄い塩味のおせんべいです。「これ、先生も好きなんだって。」と。

 

ヘルシーなスナックは他にも

・チーズ

・whole grain crackers(全粒粉クラッカー)

・フルーツ。リンゴ・イチゴ・ぶどうなど

・緑黄色野菜。にんじん・生のブロッコリーなど

があります。

 

アメリカのスナックには大量のシュガーが入っていますし、そういったスナックが体に悪いと思う人も少ないようです。甘ければ美味しい、塩味が濃い方が美味しい、というような・・・

プリスクールでもスナックタイムがあり、親の知らない所で子ども達がジュースやクッキー、カップケーキを食べる機会も多いです。気になる人は、子どもにスナック持参することも出来ます。

 

iammimi.hatenablog.com