アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

アメリカ、熱のため、プリスクールお休みのメールをする

子どもの通うプリスクールで、先生に

「お休みの時はどうしたらいいですか。」と聞くと、

「連絡は義務じゃないけど、できそうならして下さい。長期お休みする時は事前に教えてくれると助かるけど。」と言われました。

 

お休みの連絡をしないのは、自分的には無しなので、娘が熱を出してお休みをする時は、先生にメールをすることにしました。

 

Dear Mrs. Anderson,

 

Hello.Rie has a 100.2 fever so I will keep her home tomorrow, November 7. Thank you.

 

Sincerely,
Yoko Inoue (Rie Inoue)

 

りえは100.2°F(37.9度)の熱がありますので、明日11月7日はお休みします。

 件名は分かりやすように子どもの名前です。

(文法が間違がっているかもしれませんが、ご容赦下さい。)

 

先生方は忙しいので用件を簡潔に伝えます。丁寧に返信してくださる先生もいらっしゃいますし、スルーの先生もいらっしゃいます。

 

ちなみに、プリスクールから保護者への連絡は殆どメールです。 日本の様に連絡ノートはありませんし、電話も通じないことがあります。(欠席専用の電話番号があり、留守電にメッセージを残すスクールもあります。)

私のように英語が苦手なママは、担任の先生のメールアドレスを入手しておくと安心です。

 

f:id:iammimi:20170112235200j:plain

 

(子どもの熱ですが、40度超えが3日間続いたので病院へ連れて行きました。
最初にもらった解熱剤は市販薬でした。その後、処方してもらった薬で熱が下がりました。)

 

さて、同じクラスのママに「お休みする時はどうしている?」と聞いたら、「私は最初電話もメールもしたけど、先生たちは全然気にしていないみたいだから、今はお休みしても連絡していないよ。」と言っていました。