アメリカ初心者、子連れで楽しい毎日。

日々の小さな発見を書いています。

アメリカ、プリスクールの子育て英語

f:id:iammimi:20190219052242j:plain

 

アメリカのプリスクールに暫く通ってみて、これは!という子育て英語をリストアップしてみました。

知っている 英単語が増えれば、コミュニケーションも楽になると思います。

 

  • boo boo イタイイタイ(幼児語) ママ友が子どもに使います。 イタイのイタイのとんで行け!は、Let me kiss your boo boo.と言って痛いところにキスをします。
  • carpool 相乗り 幼稚園で遠足に行くときにcarpool してくれる人いる?と先生に聞かれました。
  • car seat チャイルドシート
  • chaperone シャペロン。Field Trip (遠足)に付き添う保護者。
  • chore お手伝い conference(個人面談)で、先生から子どものお手伝いの内容を聞かれました。
  • criss cross あぐらの座り方。先生は"criss-cross applesauce"と言っていました。ちゃんと座って欲しいときは"Sit on your bottm!"言います。
  • cubby 荷物を入れる子どものロッカー、戸棚
  • ESL English as a Second Language 英語が第2言語の、外国人向けの英語クラス。
  • Excuse us.すみません、通ります。子どもと一緒なのでus。
  • Ewww! 気持ちわるい、嫌だ~!(変な色の虫を見た時など、子どもが使います。イ~ぅと聞こえます。)
  • Be gentle. 「お友だちに優しく。」とママ友が子どもに話しかけていました。
  • grocery shopping 食料品の買い物
  • Hold on! 「ちょっと待って!」この言い方が多いと思います。
  • honey/buddy /sweety 大人が子どもを呼び掛ける時に使います。buddy, dudeは男の子、sweetyは女の子に。他にも色々あります。
  • I got it. 「私がやります。」「分かった。」(カジュアル) 色々な意味があります。
  • I have some errands to run today. 今日は用事があります。
  • I'm good, thanks. "Hi, how are you?"の返事で多いのはこれ。勿論相手にも聞き返します。お上品な方は"Whats up?"と聞きません。
  • I was supposed to・・・~しようと思っていたけれど(していなかった)be supposed to
  • parking lot 駐車場。初めて聞いた時"lot?"と思いました。
  • pee pee おしっこ(幼児語) #1、ナンバーワンとも言います。pooは#2。
  • pick up and drop off 送り迎え
  • phonics フォニックス。英語の読み方をキンダーで習います。キンダーの先生にフォニックスの本でおススメは?と聞いたら「アプリが便利」と言っていました。
  • play date 遊びの約束
  • playground 遊具のある公園
  • potty トイレ(幼児語) 
  • scooch over ちょっとつめて。(スクーチと聞こえます。)
  • stay at home mom  専業主婦 欧米では、専業主婦はあまり良い印象ではありません。
  • See you later! またね!その日に再び会う予定がなくとも、"later"。
  • siblings 兄弟/姉妹
  • Sure! "Thank you."の返しで多いのはコレ。"No probrem. ""You're welcome."も。
  • text 携帯のショートメール。ママたちとの連絡はこれ。
  • They look like twins 兄弟/姉妹で似ている 「双子じゃないんですよ~!」と返したら、苦笑いされました。
  • What is it? "What's this?"としか聞かない私に、子どもがこう切り返してきました。(意味は多少違います。)
  • What do you say?  子どもに”Thank you.”と言わせたい時に使います。
  • Pledge of Allegiance (忠誠の誓い)子どもがプリスクールで暗記してきました。 "I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all. "

Maisy Goes to Preschool: A Maisy First Experiences Book

  

日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

ハワイでキッズも大人も英語留学【Hawaii Palms English School】

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

 

  • プリスクールで子どもが困らないように、potty (rest room)、Water, please.は言えると良いかと思います。 また、プリスクールで出るスナックは量が多かったり、口に合わないものもあるので、その時はNo, thank you.と言って残しても良いです。”please"と"Thank you"はきちんと言えるようにしておきます。
  • しつけは親の責任です。人を叩かない、物を叩かない、大声を出さない、教室内で走らない、をお子さんを確認します。日本人の男の子は、人の上にのったり、かみつく子もいます。先生が英語で注意しますが、理解していないこともあります。暴力的とみなされた子は退園させられることもあります。
  • 教室内は暑い時があり(特に冬)、子どもは薄着が良いか、同じクラスの子の服装と比べてみて下さい。日本の子ども達は厚着の傾向で、よく汗をかいています。

初めてのアメリカの幼稚園生活、ママは不安で孤独かもしれませんが、アメリカで育児なんて、人生で一番輝いている時ではないかと思います。共に頑張りましょう!!